2010年06月08日

嫌われ者


ババァは、ダーリンに露骨に嫌われても全然メゲないよなー


今日、帰り道、、駅を歩いていて ふとそんなことを思った。


こないだ、ダーリンがババァにひとつ席を空けて離れて座れよ、

とやっていたのを思い出したんだ。

ダーリンは露骨にババァを嫌う。

だけどババァは一向に気にする気配は無いし

傷ついてる様子も無いし、とにかくメゲない。


”それは自分だ!”

ああ、私じゃん、と瞬間思った。



会社の部内に、女子は私を入れて5人いるが、

その内3人は、私と一切口をきかない。

その内ひとりは、私が、そいつを大嫌い・・で

ジャイアンみたいなやつ。

芋づる式にスネオみたいな2人も そういうことになる。


しかし メゲない私。

私だ。


そして 嫌われ者の私。。


そういえば、小学校から始まって、

私はずいぶんと ちょくちょく嫌われた。


小学校・・クラスの女子全員が口をきいてくれない時期があった。

中学でも高校でも、女の子で仲がいい友達・・・は

わずかだった。

仲がいい、と思ったら大ゲンカで 仲が悪くなる、なんてこともあった。



初めての職場でも なんだか私を嫌う女がいた。

私を除け者にするのを見て、オバチャンが怒っていた。

でもメゲない私。


ある仕事の研修でも、やたら私を嫌う女がいた。

あの集いでも・・その集いでも・・・


ちょいちょい私は嫌われる。

すっかり忘れていたけど、そうだった。


でもメゲない。(ような感じ)

メゲてたら生きていけんしw


そんな感じで・・・



嫌われ者の私。



なぜ?




私は嫌う者だからだ。





嫌う者、だから 嫌われ者になる。



世の中は意外と単純だ。



私は、”父親”が 嫌いだ。


気づいたときから父親が嫌い。



一生懸命、浄化やらして、少しは改善したかと思ったけど


やっぱり嫌いなんだ。


ずっと父親が嫌い。



見聞きすることに、すぐに文句を言う。

ケチをつける。

ママや、テレビや、いろんな人、もの。

あらゆる人、ものに。



でも私には猫なで声。


気持ち悪い。 それが余計にキモくて嫌いだった。

嫌悪した。


はぁ? 私、嫌ってんですけど?


私が嫌いなの、分かんないわけ?

どんだけ鈍感なんだよ

気づけバカ

反省しろ

お前は嫌われてんだよ

嫌われ者は嫌われ者らしい態度をしろ。

反省しろ。

改善しろ。

己を知れ。

お前なんか大嫌いだ。



と、嫌われててもメゲない人がここにも(笑)。


それで余計に腹が立つ。



嫌いだ! チクショウ!



私は嫌う者 私は嫌われる者



ときどき こういうことに気づく。



心の中の、片付け物、たくさんあるなあ。
posted by しず at 18:50| Comment(0) | 旅の途中・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
「生まれ変わりたい!」人のためのインターネット講座
「本当の自分へ還る旅」テイクオフコース
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。